So-net無料ブログ作成
検索選択

昨日のランチ(おうちごはん) [おいしいもの]

食べ物ネタを別ブログで独立させようか・・・ともうしばらく迷っているんですが、どうもお料理ブログと名乗るには恥ずかしくて・・・。とにかく写真がよろしくないのでねぇ。やっぱりお料理ブログをちゃんとやってる皆さまは写真がステキですものねぇ。

といいつつ、昨日のいえランチ。夏のお昼ごはんといえば、そうめんでしょう、ということでそうめんを茹でて食べました。
**最初、「そうめんをゆがいて」と打ったのですが、これって方言? 最近、オットとの会話のなかでちょくちょく方言ワードを連発し、愉快がられてます。たぶんオットとの会話に緊張感がなくなったのだと思います・・・**

そうめんランチ.JPG

付け合わせは、ささみの酒蒸し(前日の夜は胡麻だれうどんでした。そのときの残り)とキュウリのぬか漬け(ぬか漬け再開です)。そして、本日の記事の本題、つけつゆは・・・胡麻醤油。



胡麻しょうゆ.JPG

子供の頃からそうめんは胡麻醤油一筋。最近ではさすがにオットに合わせてめんつゆを作りますが、ひとりのときはもちろん胡麻醤油。胡麻醤油でそうめんを食べるのは佐賀県民の証拠だという話を聞いたことがありますが、そう、ワタシの中の佐賀人の消しがたいDNAが胡麻醤油に誘うのです。なんのこっちゃ・・・。
胡麻醤油はその名の通り、すりごま、しょうゆ、砂糖を混ぜ合わしたもので、夏場には祖父母の家、じぶんち、親戚の家、どこに行っても常備されてました。そうめんの他にも焼きなす、ほうれん草の胡麻和えなど、大活躍。すり鉢にいっぱい作って、そのまま冷蔵庫で保存です。で、その胡麻醤油にお酢をどぼどぼっと入れてそうめんのつけ汁にします。
が、これハハによると「酢を入れるのは田舎くさい」とのこと。どうも酢入りは父の実家の流儀だったらしく、それに従っていたのですが、祖父母も亡くなった今、ハハは本音を漏らした模様です。といっても、チチとハハは同じ町内。実家は歩いて15分くらいの距離なんですよ。母方は商売人、父方は祖父こそサラリーマンでしたがもともとは農家ですから、言い分はわからなくもないけど・・・。
でもこの酢の酸味がなんともいえない風味だとワタシは思うのですよ。オットにも一度食べさせましたが、お酢が苦手なオットは案の定、嫌がりましたので、それ以来ワタシはひとりで堪能してますが。

さすがに子供の頃食べていたような甘辛い胡麻醤油を作るのはためらわれるので、出汁醤油にお砂糖少し、すりごまいっぱい、という塩梅で、あっさり目です。

高橋製麺2.JPG

そうめんは実家から送ってもらった高橋謙作製麺さんのそうめん。ここのそうめんはおいしいです。これは普通バージョンですが、さらに高級バージョンの、グレープシードオイルで作ったそうめんというのがめちゃうま。たぶんその分高いのでしょう、普段はこちらしか送ってくれません・・・。

なんと自社サイトがありました!! コチラからかうと割引価格のようです。
なんとこちらのサイトでは、手延べそうめんは島原の乱の後、小豆島から移住してきた人達が伝えたのではなく、それより以前、中国福建省から伝えられたのだという説明がありました。びっくり〜。そうめんの村があるそうな。


そうそう、最近、携帯を買い替えて写真の画質が良くなり、SDカードの取り出しも以前の携帯よりやりやすくなったので、こんなツールを使って画像を取り込んでます。実は、以前はメールで自分のPCのメアドに送信していたのでした(笑) だって、SDカード、バッテリーの下にセットされていたのでめんどくさかったのです。

すごく小さいのですが、4GBのマイクロSDまでついて、1,390円+380円の送料。これは便利です。小さいし。
オットが持っているので時々借りていたのですが、基本的に会社に持って行ってしまうので好きな時に使えない。じゃあ、安いし、なにせSDカードもついてるしということでポチってしまいました。

でも小さいのでなくさないようにするのが大変。

便利グッズ.JPG
以前、両親がお遍路さんに行った時、第一番霊山寺で買ってきてくれたお守りキーホルダーを引き出しから見つけたので、これにつけてみました。お坊様(たぶん弘法大師だよね?)の笠には「交通安全」、キーホルダーの小判には「開運厄除」と、オールマイティーなお守りなのでした。もっと持ち歩いたりした方がいい??


人気ブログランキングへ
↑クリックお願いします♪
nice!(1)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 1

コメント 5

ふくちゃん

カオリさんこんにちは!

「そうめんをゆがいて」
って・・・標準語とばかり思ってました!!
お盆はお墓で花火が普通だと思ってたし
当たり前と思ってた事が、そうではない事が
結構多いのかもしれないですね。

我が家の実家のそうめんつゆも
ごま醤油です!!
主人の実家は、ところ天のつゆに
砂糖を混ぜて食べるのがスタンダードらしいんです!
抵抗があって、未だ食べた事はありません。
本人曰く、つゆに砂糖をいれたら美味しいらしいですが・・・

紹介されている素麺、食べてみたいです!!
すごく気になります♪
by ふくちゃん (2009-08-21 18:29) 

kumawow

うちは「ゆでる」です。。
「ゆがく」って、一度茹でてあるものが冷えて固まっちゃっている時に「ゆがいてほどく」って感じであまり熱を通さないイメージでした。いろいろなんですね~。日本って広い^^

ゴマ醤油っておいしそう。お酢入りも夏らしくナイスな感じです。


by kumawow (2009-08-21 19:27) 

カオリ

>ふくちゃんさま
おお!胡麻醤油仲間がいらっしゃいました。ご主人はところ天のつゆに砂糖ですか・・・甘酸っぱいというところは胡麻醤油に酢、という組み合わせと共通ですね。

お盆はお墓で花火、というのはワタシはわりと大きくなってから知って驚きました。小学校の中学年くらいまでお盆の時期は佐賀の祖父母の家に行っていたので長崎のお盆を知らなかったんですよね〜。長崎とはお隣の佐賀(しかも太良町)ではお墓で花火はしませんよ〜。

そうめん、ぜひ食べてみてください。

>kumawowさま
調べてみたら、「茹でる」は煮立てる、「ゆがく」は軽く湯にくぐらせる、くらいの意味のようで、方言ではありませんでした。お騒がせしました〜。小松菜をゆがく、という使い方みたいです。でも、「そうめんをゆがく」という使い方は方言ですね。「うどんをゆがく」とは言わないので、そうめんはさっと茹でるから、ゆがくを使うのかなぁなんていろいろ考えました。
ちなみに今日も胡麻醤油でそうめんランチでした。
by カオリ (2009-08-24 16:23) 

潤

初めまして、自分は長崎ですが、亡くなった父が砂糖ではなく蜂蜜を使った胡麻醤油を素麺を食べる時は作っていました。
父が亡くなる前に習っておけば良かったのですが、久しぶりに胡麻醤油の素麺が食べたくなり、検索して
ここに辿り着きました。
佐賀では胡麻醤油は定番だったのですね
自分の家はハチミツの胡麻醤油が定番だったのですが
普通のめんつゆが物足りなく感じます。
検索して佐賀の方が公開しているレシピを見つけたので、久しぶりに胡麻醤油で食べてみようと考えています。
by 潤 (2017-07-23 17:52) 

カオリ

>潤さま
はじめまして。長崎ご出身なんですね。胡麻醤油が縁でご訪問いただけて嬉しいです。
はちみつでつくると優しい甘さになりそうですね〜。
最近はすっかり胡麻醤油でそうめんを食べることも減りました。今日のお昼もめんつゆで食べましたし。でも久々に自分の書いた記事をよんで、食べて見たくなりました。
by カオリ (2017-07-29 18:21) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0