So-net無料ブログ作成
検索選択

「でっちあげ」福田ますみ(新潮文庫) [本]

副題は「福岡『殺人教師』事件の真相」
2003年に福岡市で起きた教師によるいじめ事件。教育委員会や学校が「教師によるいじめがあった」と認めた初めての事件だそうです。週刊文春で報道されたことをきっかけに各マスメディアで激しい報道合戦が繰り広げられ、最後は被害に遭った児童の両親が民事裁判(民事であることがミソ)を起こすところまでに至ります。

その裁判を取材で傍聴し「これは何か変だ」と感じたルポライターの著者が丹念な取材を元に書いたのが本書。第六回新潮ドキュメント賞を受賞しています。

でっちあげ―福岡「殺人教師」事件の真相 (新潮文庫)

でっちあげ―福岡「殺人教師」事件の真相 (新潮文庫)






こわい・・・。読んでいてこれは後味悪いホラー小説なのか、と思ったほどでした。
自分にはまったく身に覚えのない保護者からのクレームによって自殺強要を行うような暴力教師に仕立て上げられ、社会的に抹殺されてしまった小学校教諭。理解不能な理屈に寄って自分を追いつめようとする保護者と、その保護者とのトラブルをなんとか避けようとするあまり、一方的な保護者の言い分を飲み込みきちんとした調査もせず「いじめはあった」と断定した教育委員会と学校。そしてこれまた周辺取材も裏取りもせず保護者の言い分だけをもとに実名報道を行ったマスメディア。

刑事事件ではないので実際に逮捕されたりはしてないのですが、停職処分を受け、マスメディアに追いかけ回された教諭にとっては人生をめちゃくちゃにされた事件です。

痴漢の冤罪と同じですが、ここでやりましたといえば解放される、という圧力。声の大きい人が迫力だけでその場の空気を支配し事件などなにもないのに「あった」かのように周囲に思い込ませること。ここまでのことはなくても「なんでこの人、こんなこと言うのかな?」みたいなプチモンスターに誰もが一度は出会ったことがあるのだと思うのですが、やっぱり理解不能です。

無実の罪を着せられてしまった教諭も気の毒ですが、このモンスターペアレンツに育てられた(もう社会に出ている頃ですよね・・・)男子児童も気の毒です。彼は両親のいじめ事件でっちあげの一連のストーリーのなかで、教諭による執拗ないじめでPTSDを発症と診断され(またこの診断も杜撰なものだったようです)、大学病院の閉鎖病棟に半年間入院(なのにその半分は自宅での外泊)させられ強い抗うつ薬を処方されていたというのですから・・・。当時9歳です。

事件当時の2003年はわたしは猛烈に働いていた時期なので世の中の出来事をほとんどキャッチアップできてなかったためこの事件もまったく記憶にありません・・・。しかし本書のなかで語られていた無責任なマスメディアの報道にもあきれかえり、恐ろしさをさらに感じました。

事件の「でっちあげ」を行ったのはだれなのか。考えさせられました。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1