So-net無料ブログ作成

扉温泉明神館2日目 [旅&おでかけ]

明神館は朝食も8時からと温泉旅館にしてはゆっくりめ。のんびり8時まで眠りこけてしまいました。しかし、起きたら一面の雪景色。寒波到来だったんですね。

浴衣に着替えて(こちら寝間着が浴衣と別にあります)また昨日と同じ「四季」へ。
窓からの景色が冬です。

IMG_1087(変換後).jpg

まずは明神館の特製ドリンク。

IMG_1088(変換後).jpg
レモン牛乳です。牛乳にレモン汁を入れるとヨーグルトのようにとろっと固まるので、それにはちみつを足したものだそうです。レモンの酸味と底にたまってるはちみつの甘さがベストマッチ。

IMG_1089(変換後).jpg

朝ご飯は和食と洋食を前日の夕食の時に選んでおきます。ふたりとも和食をお願いしました。ふわふわの出汁巻卵、信州サーモンの塩焼き、あんかけ湯葉、そして写ってないけど野菜の煮物、そして奥のお重にお豆腐、納豆、漬け物、のり。あとはお味噌汁とごはんです。ちなみにごはんはおかゆとどちらかを選べます。

IMG_1090(変換後).jpg

この納豆が楽しみだったのですよ。お宿のオリジナルで竹の皮に包まれてます。肝心の納豆の様子を撮るの忘れてしまったのですが、大粒のお豆がふっくらとしていて、「今までわたしが食べていた3パック80円の納豆とはまったく別物だわ!!!」と衝撃を受けました。契約農家さんで収穫された大豆で作ってもらってるのだとか。冷凍のものを売店で買えます、とのことでしたが売店の冷蔵ケースにはありませんでした。聞いたら出てきたのかな。常連さんは必ず買って帰る1品だそうです。

食後はフルーツとコーヒー。フルーツはゼリーがかけられていたのですが、このゼリーがちょっと甘くて閉口しました。コーヒーは相変わらず普通。もうちょっとちゃんとしたコーヒー、レストランでくらい出してくれてもいいかな、という印象。ちょっともったいない感じがしました。せっかくお料理はパーフェクトなのにコーヒーがファミレス(しかも一昔前の煮詰まり系)レベルでは・・・ね。

ゆっくり食事を終えたらもう10時近く。駅までのバスが11時発なので、急いでもう一度お風呂へ。昨夜はなんだかリラックスできなかった立ち湯の「雪月花」へ。

spaThum1_1.jpg
これです! よくパンフレットや雑誌などで見かけるここです(写真はお借りしました)。窓がないのですよ。露天じゃないけど、お風呂のふちは外。そして、手前から3段階くらいでお風呂が深くなっていきます。一番深いところで1.2メートルくらだそう。ちょっと冬は肩がでてしまって寒いので、しゃがんで入ります(笑)
この写真は若葉が眩しい季節ですが、外は雪景色。満喫しましたです。
このお風呂って、海外のリゾートのインフィニティプール(→ここ見てみてください。絶景だらけ)からインスパイアされてますよね。去年のウブドのヴィラのプールを思い出しました。こんな感じ↓
IMG_0305(変換後).jpg

話は戻って・・・。

お風呂から上がって急いで支度をしてチェックアウト。売店をのぞいたり、ロビーでまたお茶をいただいたりした後、バスで松本駅へ。しかし、昨夜からの雪で路面が凍結していて、対向車線の車が立ち往生。まったく離合できず、まずは車を動かして、こんどは送迎バスにチェーンを巻き・・・結局30分のところ1時間かけて到着しました。松本市街も雪がちらついていましたが積雪はなし。でも前日とは違って寒い。とにかく寒い。

ぶるぶる震えながらお昼ご飯の場所へ向かいます。

(続く)


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:旅行

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1