So-net無料ブログ作成

12月の読書メーター [本]

今年の三が日も毎日いいお天気でした。

そして1週間のお正月休みも今日で終わり・・・サビシイ。


さて12月は4冊。宮部さんの「この世の春」がなんというか小説読んだーという達成感、満足感を満たされる作品でした。


12月の読書メーター
読んだ本の数:4
読んだページ数:1368
ナイス数:37

夜の谷を行く夜の谷を行く感想
なんか唐突なラストではありましたが・・・あの一大ムーブメントはいったいなんだったのか。組織の末端にいて、大々的に報道はされなかったけど、それでも本人たちの人生には大きな影を落としている、そんな女性の視点から描かれた連合赤軍の姿。事件の渦中にいるときにはわからないことってたくさんあるよね・・・。
読了日:12月02日 著者:桐野 夏生
この世の春 上この世の春 上感想
あっという間に読了。下巻に突入。
読了日:12月17日 著者:宮部 みゆき
この世の春 下この世の春 下感想
人の心の不思議に怯まず、臆せず立ち向かった人々の物語。怪物も出てこず、すべての災いは人の心が巻き起こしたものであること。新九郎がもっと重要な役割を果たすのかと思ったら意外とちょい役だったのが肩透かしだな〜と思いましたが。。。
読了日:12月27日 著者:宮部 みゆき
フレンチの侍フレンチの侍感想
何度か伺ったことのある「シェ・トモ」この前、ウェイティングスペースにこの本が置いてあることに気がつき、読んでみました。冒頭にお店を潰さないこと、が目標ということが書いてありましたが、最後まで読んで納得。また食べに伺いたいな〜。
読了日:12月28日 著者:市川 知志

読書メーター

nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:

nice! 1

コメント 2

YAP

「すべての災いは人の心が巻き起こしたものである」という言葉は、私が今年まず取り組まなければならないであろうことなので、しっかり胸に刻みました。
すみません、ちょっと意味深なコメントで。
by YAP (2018-01-04 08:57) 

カオリ

>YAPさま
わたしの拙い、超ショートバージョンの感想ですが、なにかYAPさんのアンテナに引っかかったのであれば、わたしも感想を言葉にした甲斐があります。nice!ありがとうございます。
by カオリ (2018-01-08 23:16) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。