So-net無料ブログ作成
検索選択

「海街diary」(映画館で) [映画]

今日も我が家のリビングは朝の11時なのに、室温31度、湿度68%、熱中症「厳重警戒」レベルです。
まだ扇風機で頑張ってます(笑)

そんな暑さから逃れるために昨日は映画館へ行ってきました。レディースデー。ひとり映画館は4〜5年ぶり。
ちょっとキンチョーしましたが、夏休み中の子供たちでごった返すシネコンのロビーを抜け、小さなシアターで心静かに観ることができました。

さて、「海街diary」
吉田秋生の漫画を原作に、是枝さんが監督した作品。カンヌ映画祭では受賞ならず、でしたが、美しい鎌倉の風景と美人四姉妹に癒されました。

blockImg_02.jpg


あらすじ(映画.comより)
「そして父になる」「誰も知らない」などで国際的にも高い評価を受ける是枝裕和監督が、第11回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞やマンガ大賞2013を受賞した吉田秋生の人気コミックを実写映画化。湘南を舞台に、異母妹を迎えて4人となった姉妹の共同生活を通し、家族の絆を描く。鎌倉に暮らす長女・幸、次女・佳乃、三女・千佳の香田家3姉妹のもとに、15年前に家を出ていった父の訃報が届く。葬儀に出席するため山形へ赴いた3人は、そこで異母妹となる14歳の少女すずと対面。父が亡くなり身寄りのいなくなってしまったすずだが、葬儀の場でも毅然と立ち振る舞い、そんな彼女の姿を見た幸は、すずに鎌倉で一緒に暮らそうと提案する。その申し出を受けたすずは、香田家の四女として、鎌倉で新たな生活を始める。主人公の姉妹を演じるのは、綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆、広瀬すず。

タイトルがdiaryですから、海と山に囲まれた鎌倉の街で暮らす姉妹の日々が淡々と描かれていくだけの作品です。
とはいえ、生きている以上、恋もすれば仕事もするし学校にも行く訳で、何かしらの小さな出来事が起こります。当事者には大きな出来事でも、まわりからみれば小さな出来事。そんな感じ。
異母妹のすずは、まだ中学生なのに、早くに母とそして今度は父を亡くし、大人になることを強要されてきた少女。そして同じような少女時代を過ごした長女の幸。すずは姉達に守られることで遠慮がちに、でもしっかりと子供らしい日々を取り戻していくし、幸はそんなすずを庇護し、共に過ごすことで自分が過ごすことができなかった子供時代を疑似体験することで取り戻す。そんなお話しなのかな。

辛いときは泣けばいいし、近しい人たちに頼ればいい。そんな当たり前のことを全肯定してくれる作品です。

しかし、いくらリアルな日常の話だとはいえ、舞台となっている鎌倉の街は架空の美しい街のよう。
山と海に守られているのですね。
登場人物たちはみな、鎌倉に住んで鎌倉で働いている。
江ノ電には乗るけど、横須賀線には乗らない。
すずの仲のよい同級生達の家はみんな自営業。漁師だったり、酒屋だったり・・・。
実在の街を舞台にしているけど、ファンタジーだよなーと思ったのでした。
これは原作を読んだ時にも感じたことなのですが。
長女の幸は恋人から仕事で赴任するアメリカについてきてくれと言われますが、断ってしまうし。
透明で巨大なケースの中で生活しているみたいな。
(あれ、そんな映画、昔ありましたよね。巨大なセットの中で生活していた、という。あれなんだっけ・・・?)

ま、そんな違和感は置いておいて、全体的にはとっても好きな映画でした。
目の保養だわー。
余談ですが、長澤まさみがキョンキョンに見えて仕方なかった。
そして彼女達の母親役の大竹しのぶの、なんとなく流されて生きてしまう、我慢できないタイプの女の人のやるせない感じが素晴らしい。
彼女は彼女なりに娘たちを愛しているのだけど、母親というよりずっと娘なんだろなぁ。。。

江ノ電に乗りたくなりました。




海街diary 1 蝉時雨のやむ頃

海街diary 1 蝉時雨のやむ頃

  • 作者: 吉田 秋生
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2007/04/26
  • メディア: コミック

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「霧原」で今年初めてのかき氷 [おいしいもの]

今日も暑かった!!
まだ一度も外に出てません・・・。厳密に言うと洗濯物を取り入れるためにさっきベランダに出ましたが、灼熱。
でもそろそろ買物に行かないと。。。

暑さしのぎに涼しげな画像を・・・。

毎年おなじみ?葉山「霧原」のかき氷です。

IMG_2881.jpg

この日は、あずきミルク
相変わらずさらさらでさっぱりしたおいしい練乳。そして甘さ控えめのあずき。
あずきを自分で氷に乗せながら、適宜練乳を追加しつついただきます。
おいしい〜。やっぱり、霧原さんのかき氷は美味しいです。
そしてこんなに大量の氷を食べてもアタマがキーーンとしない天然氷のフシギ。

いつもはGW頃にオープンする「霧原」さん、今年はお店の拡張工事を行っていたそうで、オープンがずいぶん遅れて7月中旬からだったようです。
先週の3連休の中日、11時のオープンちょうどを狙って出かけるはずが、結局家を出たのが10時半、しかも横浜新道が渋滞していて、1時間くらいでつけるはずが、1時間半は余裕でかかってしまいました。
結局12時くらいに到着。当然ながら行列です。20人くらいは待ってたかなぁ・・・。

葉山も快晴でしたが、心なしか都内よりも風が涼しいような気がしました。
気分、かもしれませんけどね(笑)

30分くらい待ったところで、順番がまわってきてお店へ。
客席は全く変わっておらず、オープンエアというか屋根とすだれのみのスペースですが、厨房が新しくなっていて、トイレも設置されてました! ちなみにトイレは駐車場の方から入ります。
去年までは裏手にある建設会社さんのトイレをお借りする(どうもオーナーのご主人の経営する建設会社らしい)ようになってましたが、その必要はなくなりました〜。

お店を出るときも行列の長さは変化なし。
オープン前にでもいかない限り、30分待ちは必須だと思います。
今年もあと1〜2回は行きたいな。





関連ランキングかき氷 | 新逗子駅逗子駅東逗子駅



nice!(5)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

「狗賓童子の島」飯島和一(小学館) [本]

昨日の夜、5月から引き受けていた仕事が一旦終了しました〜。こんなに長期になると思っていなかったので、やり遂げた感がハンパありません。秋から再び同じシリーズの仕事をいただけるようなのですが、量はずいぶん減るみたい。なので、この達成感は今回ならでは、かな。
ということで、昨日はプライベートでもなかなかショックなことがあり、仕事の脱力感もあり、今日はお天気も悪いし、一日ダラダラ過ごす予定です!!

狗賓(ぐひん)童子の島

狗賓(ぐひん)童子の島






ずいぶん前に読んで感動した「出星前夜」の作者飯島和一さんの最新さくです。4年に1度しか新刊がでないので、一部でオリンピック作家とも呼ばれているらしいのですが、前作から6年ぶりの新作です。
やっぱり最後のページでじんわりきて涙がポロリ。

ちなみにタイトルの読みは「ぐひんどうじのしま」です。

時代は江戸末期。大阪で起きた大塩平八郎の乱に参加した河内の大庄屋西村履三郎の息子西村常太郎。
彼は父が蜂起した時わずか6歳。弟とともに叔父の家に預けられ15歳になった時に、改めて隠岐への遠流となった。
どう考えても当時6歳(しかも数えだから今の年齢だと5歳ですよねぇ)の子供に何の罪もないことは明白。それでも常太郎は子供時代に自らの宿命を受け入れ、隠岐の頭後という島に降り立った。ちなみに私も知らなかったのですが、隠岐の島とは4つの島の総称で、頭後はそのなかでも一番大きな島です。

しかし、常太郎の予想を反して、島後の人々は常太郎を暖かく迎えた。そもそも天皇や貴族等高貴な人が昔から流されてくる土地柄と、蜂起から10年以上経っても大塩平八郎の乱は日本各地の困窮する民の中で英雄として讃えられてきたらしいということ、大塩平八郎の高弟であり、庄屋というある意味農民のなかでも特権階級だった常太郎の父が村の人々のために自分の全てを捨て立ち上がったことは島の人々にも聞こえてきていた。そんな人の息子が島に流されてきたということで、彼らは常太郎を暖かく迎えたのでした。

常太郎はしばらくしてから村上良準という医者に預けられ、医師としての修行をはじめます。
そして村の娘お幾と結婚。コレラや麻疹の大流行などの対応に追われながらも、名医として島の人々から信頼されていきます。

この常太郎のある意味、諦観をともなった清々しさ、「置かれた場所で咲きなさい」的な私欲のなさ、は最初から最後まで変わりません。
島の人たちではありませんが、6歳で父の罪に連座させられて世界の果てのような島流しにあったのに、それをそのまま受け止め、その環境の中で背中を伸ばして生きている姿は清々しく、かくありたいと思わせられます。

そんな島の暮らしにも幕末の尊王攘夷から明治維新までの流れは無縁ではなく、もともと貧しい小島の暮らしと松江藩の圧政に不満を募らせていた人々の動きが荒々しくなり・・・

と、1846年に常太郎が島に流されてきてからの22年間が歴史の流れとともに描かれる大作。
総ページ数555ページです。
ある意味淡々と物語はすすみ、劇的なことは起こりません。
常太郎という外からやってきた人間の存在を通して、孤島の歴史を描いた作品、なのかな。
でもメインテーマは大塩平八郎の乱、らしいですよ。

ちなみに狗賓とは、島の山に住むという伝説の生き物で、その山への捧げものを持って行く役目を無事に果たすことができた15歳前後の若者は狗賓様に選ばれた者として狗賓童子と呼ばれ、島に厄災が起きた時にそれを救う存在となると言われています。
常太郎も島にやってきた翌年に山に登り、狗賓童子となりました。

なんて話が最初にあるものだから、どんなどんでん返しがあるのか、とドキドキしながら読んでたのですがね・・・。
先にも書いたとおり、ドラマティックな出来事は起こりません。

飯島さんは「出星前夜」と「黄金旅風」しか読んでないので、他の作品もそのうち読みたいと思います。




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

2014年バリ旅行〜6月23日プリ・セバツへ [旅&おでかけ]

2時間近く送れたお迎えの車に乗って向かったのは、ウブドの北の方にあるセバツ村。
棚田で有名なテガラランのさらに山の中。

デガラランの手前あたりから空が暗くなって雨が降ってきました。ウブドの町中は快晴だったのに。。。
「わーテガララン!」とはしゃいでいたらドライバーさんが「車止める?」みたいなことを言ってくれましたが、なにせ雨だったことと田んぼもはげちゃびんだったので、そのまま進んでもらいました。ウブドから30分くらいだと思っていたら、結局1時間近くかかったような・・・。
ほんとに山奥の村って感じです。

同じく郊外にある「コマネカ・アット・タンガユダ」とどっちにしようかと迷いましたが、秘境感を求めてプリ・セバツに決めました。気になるアクティビティもあったので・・・。

IMG_2173.jpg

続きを読む


nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

2014年バリ旅行〜6月23日モンキーフォレストへ [旅&おでかけ]

えいやっでバリ旅行記を再開。

6月23日も(イマイチな)アグン・ラカの朝食はパスして町へ出かけます。
アグン・ラカの車で王宮のあたりまで送ってもらいました。

ハノマン通りの北の突き当たりにある「アノマリ・コーヒー」へ。こちらは最近現れたこだわりのコーヒーチェーンということで来てみましたが、いわゆるセルフのコーヒーショップで、食事メニューがほとんどなく、「・・・」というかんじ。

で、そのままハノマン通りをブラブラ南の方向へ歩きます。

そこで見つけたのが「クリア・カフェ」
ブロガーさんがこちらのパンケーキを絶賛していたことを思い出し、のぞいてみたらオープン前。
肩を落としてさらに歩いてみたもののめぼしいお店もなく、ちょうど10時になったのでまた戻ってみたら、ちょうどオープン! 1組目のお客さんとなりました。


続きを読む


nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

「教団X」中村文則(集英社) [本]

なんだか不安定な天気が続きますね。台風が接近している地域の皆さま、お気をつけて。
わたしのめまいはおさまったものの、今度は軽い頭痛に毎日悩まされてます。とほほー。

教団X

教団X






去年の12月に刊行されて、先日、図書館で順番がまわってきたのですが・・・。手元に来たとたん、ちょうど6月の終わり頃、「アメトーーク!」の読書芸人の回でピース又吉はじめとした読書芸人がお勧めしまくり、Amazonでも一時在庫切りになったというニュースを読みました。


とはいえ、普段、アメトーーク!など見ないのでなんだかブームに乗っかっちゃった感もあって恥ずかしいような恥ずかしくないような(笑)

教団Xと呼ばれている、名前のない謎の宗教団体。自分から去っていた女性を追いかけて教団Xに関わることになった楢崎と、楢崎が最初に接触した宗教団体とも呼べないような松尾という老人が主催する勉強会。
実は教団Xの教祖沢渡は昔、松尾と同じ宗教団体にいたこともあり、教団の幹部に指示して松尾の財産の大半を詐欺行為で奪ったという因縁付き。その松尾に詐欺を働いたのが楢崎が探していた女性とその恋人の高原だった。

新興宗教、オカルト、セックス、テロ、アフリカの貧困、第二次世界大戦での南方の戦線、戦後の日本の貧しい生活。もういろんな要素がてんこ盛り。本の厚さも4センチですよ(今測ってみた)。
指導者である松尾や沢渡の観念的な独白が続いたり、高原がアフリカで関わったテロ組織についての回想があったり、謎の公安2人組みが出てきたり。
登場人物も多いし、内包されている主題も多くて頭がこんがらがります。読んでいて決して楽しい本ではないなぁ・・・。
確かに凄い作品なのですが、好みか好みじゃないかというと・・・好みじゃない、わ。

中村さんの作品を読むのは2冊目ですが、「去年の冬、きみと別れ」の方が物語としてストーリーに入り込みやすかったです。・・・今、改めて当時のレビューを読み返したら、「よくわからないけど、すごい作品だった」と書いてました。今回と感想全く同じじゃん!!

去年の冬、きみと別れ

去年の冬、きみと別れ

  • 作者: 中村 文則
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2013/09/26
  • メディア: 単行本



nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

「山女日記」湊かなえ(幻冬舎) [本]

忙しいのに激しい体調不良でフラフラです〜。
昨日も1時間仕事しては横になり、また起きて仕事して・・・を繰り返してました。は〜トシですかねぇ。
次の締切は来週火曜日なので、今日は少しだけ仕事して後はのんびりしたいと思います。


山女日記

山女日記






山登りについての情報を交換するサイト「山女日記」。
初心者からベテランまで、「なぜ山に登るのか」その理由が語られる連作集。
タイトルにもなっているサイトで実はみんな繋がっていて・・・ということはなく、ちょこちょこと「山女日記」で得た情報、などというかたちで登場するだけ。

結婚の悩み、仕事の悩み、離婚問題、忘れられない恋。
20代から40代まで女の悩みは尽きませんね。

湊さん作品ですが、嫌ミスではないので読みやすいと思います。
(山を舞台にした嫌ミスだと思って図書館で借りたんですが(笑))

実は我が家、山登りを始めました。といってもまだ登ったのは2回だけだし、トレッキングシューズだけ買って後はふだん着で高尾山に登ったという程度ですが・・・。なにせ思い立ったのが梅雨入り直前だったので(汗)

でも梅雨が空けたら登ってみたい山はすでにピックアップ済み。挫折しないように楽しみたいと思います。



nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:

京都で食べたもの [旅&おでかけ]

夫が数少ない(笑)友人から久しぶりに連絡があったからとランチに出かけて行って帰ってきません。
あまりにも久しぶりのお誘いだったため、用事はなんだろうとソワソワ。
「壷買ってくれ」「ジュース買ってくれ」(←これ、去年わたしが知り合いから誘われたマルチ・・・)とかねw

結局なんだったんでしょうかね。。。

6月の京都で食べたものシリーズです。

まずはランチ。
三室戸駅前にある「三国志」というお店の汁なし担々麺。


続きを読む


nice!(5)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

6月の読書メーター [本]

あっという間に7月ですね〜。今日は眠くて眠くて何も手につきませんでした。
とほほ・・・。

そしてとほほといえば、6月の読書!
まさかの3冊っ。
プラス1冊、1/3くらい読んで挫折した自然科学系の本がありましたが・・・。それにしても、ですよ。
3冊なんて、激務会社員時代にもないような低調さ。
近年まれに見る仕事量ではありましたが、それでもフルタイムにはほど遠い労働時間なわけで。
時間の使い方がマズイですね。反省、反省。

2015年6月の読書メーター
読んだ本の数:3冊
読んだページ数:1079ページ
ナイス数:36ナイス

女たち三百人の裏切りの書女たち三百人の裏切りの書感想
初めて読んだ古川日出男。古川版源氏物語、とあったのでそういうつもりで読み始めたら全然違った・・・。どこにストーリーが転がっていくのか皆目見当つかず。面白いといえば面白いとは思うけど、私が好きな種類の小説ではないなぁというのが正直な感想。好きな人にはたまらないだろうけど・・・。読了にホネが折れました。
読了日:6月23日 著者:古川日出男
田舎の無名高校から東大、京大にバンバン合格した話―西大和学園の奇跡田舎の無名高校から東大、京大にバンバン合格した話―西大和学園の奇跡感想
仕事で必要だったので読みました。関東で、大学受験とは無縁の生活をしているためまったく知らない学校でしたが、ふーん、凄いのね〜。世の中にはまだまだ知らない世界がいっぱいなるんだなと思いましたです。
読了日:6月25日 著者:田野瀬良太郎
闇に香る嘘闇に香る嘘感想
そういう展開かー、と考えてもいなかった結末でびっくり。でもさすがに年齢的に、その結末どうなのか、と思いましたけど。盲目の人が闇の中で誰かがいるかもという恐怖のなか・・・というとヘップバーンの「シャレード」を思い出しました。満州からの引き揚げで赤ん坊の父を連れて無事に戻ってこれたことがどれだけ大変だったか亡くなった祖父母からよく聞きましたがが、ついついそういう話を思い出しながら読んでしまいました。
読了日:6月26日 著者:下村敦史

読書メーター
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ: