So-net無料ブログ作成

「解」堂場瞬一(集英社文庫) [本]

ここ数日、肩凝りがひどくて、今日ようやくいつもの鍼灸院に行ってきました。
「これは辛いでしょ〜」と先生に同情されました。。。


解 (集英社文庫)

解 (集英社文庫)

  • 作者: 堂場 瞬一
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2015/08/20
  • メディア: 文庫





大学時代の親友同士は20年の時を経て立場も夢も違うが強い絆で今も結びついているはずだったのですが・・・というお話し。


バブル経済絶頂期、大学生の大江波流と鷹西仁は、政治家と小説家になる夢を語り合う親友同士。代議士の息子の大江は、大蔵省へ入省。鷹西は、社会勉強と文章修業のため新聞記者になった。目標実現のためにキャリアを積む二人だったが、大江の父親が急逝したことで忌まわしい殺人事件が…。めまぐるしく転変する彼らの人生を辿りながら、“平成”という時代を抉り出す骨太の長編社会派ミステリー。

1989年で始まり、一度は2011年に時が進み、また時間が巻き戻されるという構成。
この物語上の現在が2011年の春先であることがキモ。

忌まわしい殺人事件はわりと最初の方で起きて、読者にはその顛末はすべて知らされます。
なので、ミステリーというよりはふたりの男の20代〜40代までの友情物語。
雑誌連載が始まったのが2011年3月だそう。ということは、作品のプロットが作られたのはもっと前のはずだから、東日本大震災が起きる前。
つまり、あの未曾有の災害がなければまた違った結末になっていたということですね。

最後はちょっとばかし肩透かしですが、まぁ、すんなりと「まぁそうだよな」と思わせられました。でもいつか、ふたりには事件の落とし前をつけてほしいなぁ。。。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

ローソンuchiカフェプレミアムロールケーキアイス [おいしいもの]

この前、テレビでコレステロール特集を見て、若い頃から悪玉コレステロール値が高いわたしは恐怖に打震え、健康診断へ向けて生活改善中・・・のはずが、またもやアイスを食べてしまいました。

IMG_3108.jpg
じゃ〜ん、ローソンのプレミアムロールケーキがアイスになっています。
なんだか、このビジュアルにドキュンとやられてしまいして、ついレジに並んでいたのですよ。とほほ。

ロールケーキっぽく、お皿に出していただきます。
IMG_3109.jpg
おそらく、普通のロールケーキと同じ生地に、クリームのかわりにこんもりとアイスクリームが盛られています。
アイスクリームもミルク感を引き立てるために特別なグラニュー糖が使われているのだとか。
すごーくミルクなのに、後味さっぱりでした。
思いのほかボリュームのあるアイスクリームに満足感高し。

期間限定販売ですので、ご興味のある方はお早めに〜。



nice!(4)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

「ロストデイズ」大崎善生(祥伝社) [本]

秋ですね〜。最近、仕事で外苑前に行っているので、銀杏並木のベンチで週に1回はランチしています。数週間前までは真緑だった銀杏も今日は黄緑・・・。あと2〜3週間で黄金色になるんでしょうね。楽しみ。

ロストデイズ

ロストデイズ

  • 作者: 大崎善生
  • 出版社/メーカー: 祥伝社
  • 発売日: 2015/02/07
  • メディア: 単行本





初めて読みました、大崎善生さん。デビュー作の「聖の青春」というノンフィクションがずーーーっと気になっているのですが、読まずじまいで今に至ります。

さて、「ロストデイズ」

30半ばで娘を授かった西岡順一は、子供の誕生の喜びとは裏腹に、妻との関係がこのまま在り続けるのか不安を抱く。妻との距離をつかめなくなった矢先、意に沿わぬ人事異動の命が。アルコールに逃げる順一を、しかし、妻・由里子は静かに見守るだけだった。そんなある日、大学時代の恩師で娘の名付け親でもある大島危篤の報が。二人は急遽、教授夫妻の住むニースへ旅立った。夫人の勧めで二人はさらにジェノヴァへと向かう。旅の中で二人がたどり着いたものとは?自分たちは人生の頂に近づいているのか、頂を過ぎこれからは下っていくのか?切なく胸に染み入る至高の恋愛小説。(「BOOK」データベースより)

いや〜肩すかしくらっちゃった気分。
なんか、30代前半で人生の頂とか何言っちゃってるの??って思ってしまいましたよ。
一人で自分の状況に酔って(ほんとに酒飲みすぎて、肝硬変になりかけてぶっ倒れ入院とか・・・)もう人生下るだけ、なんてバカじゃないの。

なーんか、リアリティのないお話でした。
妻の由里子の描写も少なくて、のっぺらぼうなかんじ。

そもそもこの夫婦、30代前半なのだけど、今どきこんな若者いるのかな、って思ったのですよ。
順一は出版社の編集から営業に人事異動となりそれが面白くなくて酒浸り。遡ると大学時代には麻雀にはまりこんでサラ金に借金し電気もガスも止められたことのあるダメ人間。由里子は大学卒業後一流商社に就職するも結婚を機に1年で退職。時々アルバイトしながら専業主婦生活。退職した理由は「なんとなく居づらいから」・・・いやいや、この設定だと、2000年代の話ですよね。今どき出産ならともかく結婚しただけで居づらくなることなんて、一流商社ではないって・・・。順一の麻雀ネタといい、80年代のお話ですか、って気が遠くなりそうな設定。

大崎さん、文章は雰囲気もあるしきっと好きな人は好きなんだろうな〜。わたしはダメでした。とほほ。

マイナスな感想はあんまり書きたくないのだけど、時々書かずにいられない感想ってあるよね・・・。

聖の青春 (講談社文庫)

聖の青春 (講談社文庫)

  • 作者: 大崎 善生
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2002/05/07
  • メディア: 文庫

nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

牧家のソフトクリーム [おいしいもの]

久しぶりの更新です。なんだか毎日慌ただしくて・・・。

先日、札幌日帰りのお仕事に行ってきました。
訪問先が札幌市のはずれで、しかも15時という時間だったため、朝は割合ゆっくりでよかったのですが、帰りが・・・。

わたしの事前の計画は18時過ぎには新千歳空港に到着して、以前食べてからお気に入りの「白樺山荘」で味噌ラーメンを食べて、デザートにソフトクリームを食べて19時半の羽田行きの飛行機に乗るというもの。
16時半くらいには打ち合わせも終わって空港に迎えると見込んでいたのですが、まさかの大幅な時間超過。

札幌駅での地下鉄からJRの乗り換えなんか、走りましたよ。。。

結局、新千歳空港に到着したのは18時50分。もちろんラーメン食べる時間なんてありません。とほほーーー。

こうなったらソフトクリームだけは死守!!と思い、JRの中で検索して数ある新千歳空港ターミナルのソフトクリームから選んだのは「牧家」のソフトクリーム

IMG_3102.jpg
出発ゲートの中にあるANA FESTAで地味に販売しています。
時間がなかったのでゲートの中というのも好都合。
あっさり系でしたが濃厚ミルク風味でとっても美味しかったです。北海道伊達市の牛乳で作ってるそうです〜。

よくうちの近所のヨーカドーの北海道フェアで牧家のミルクプリンを売ってますが、今まで興味なくてスルーしてました。でも今度見かけたら買ってみようっと。

このソフトクリームが唯一の北海道満喫。
せっかく札幌まで行ったのに、残念でした。ま、遊びにいったわけではないので、仕方ありません・・・。

あとは、限られた時間のなかで自分用にお土産を購入。
夫の好物、北菓楼の開拓おかきと事前に調査していたきのとやの焼きたてチーズタルト
焼きたてチーズタルトは札幌駅で電車を待っている間に購入しました。地元の人たちがひっきりなしに買ってましたよ。濃厚だけどクドくないチーズケーキでした。冷凍でもお取り寄せできるようですが、なんと東京にもお店がある!!
新宿と自由が丘にあるそうです。なーんだ(笑)
食べログを見る限り、自由が丘店も行列してるみたいです。ソフトクリームも食べられるのか〜。近いうちに行ってみます。



関連ランキング:洋菓子(その他) | 自由が丘駅奥沢駅九品仏駅




そして今回、S嬢に買った六花亭の「六花のつゆ」というお菓子。入れ物がかわいくて自分も欲しくなり(編み物用の小物を入れる小さめの缶を探していたのです)つい購入。

IMG_3103.jpg

中身はこれ〜。懐かしい。六花の名のとおり6種類のお酒が入ったボンボンです。ワイン、ブランデー、うめ酒、ペパーミント、コアントロー、ハスカップ。
IMG_3104.jpg
口に入れるとさらっと溶けて、さわやかに口の中にかおりが広がります。
1粒ずつ大切に頂いてます。わたし以上に下戸の夫は絶対に食べないし、ひとり時間の楽しみにしてます。

ということで、現地でラーメンは食べそこなったものの、お土産はわりと満足。
またゆっくり北海道に美味しいもの食べに行きたいな〜。




nice!(4)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

「晴れたらいいね」藤岡陽子(光文社) [本]

急に冷え込んできましたね・・・。爽やかで過ごしやすいけど、ちょっと寂しいな。

晴れたらいいね

晴れたらいいね

  • 作者: 藤岡 陽子
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2015/07/17
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

さて、藤岡さんの新作。表紙からもわかるように、太平洋戦争がテーマ。
なんですが・・・なんと主人公の紗穂は平成の時代に生きる看護師。そんな彼女が大地震のショックで、その時に介抱していた老女の雪野サエと入れ替わってしまったばかりか、従軍看護婦として雪野サエがマニラに勤務していた昭和19年にタイムスリップしてしまった、という設定。

まさかのSFですよ〜。
最初はパニックになった紗穂も、ここでは雪野サエとして生きるしかないと腹をくくり、「実は隠していたのだけど、子どもの頃、ヘイセイという外国で暮らしていたからちょっとわたし変わっているの」というキャラでいろいろ乗り切って行く。

昭和19年だから、戦況はどんどん厳しくなるばかり。
平成の世の医療の常識はもちろん通用しないし、軍人からは理不尽な要求をいろいろとつきつけられる。

そしてマニラも空襲が激しくなり、彼女達はジャングルに分け入り、奥地に移動することになるのだが・・・。

タイトルの「晴れたらいいね」はなんとドリカムの「晴れたらいいね」なのですよ。
ジャングルの中を10数名の看護婦が恐る恐る進んでいるとき、紗穂が歌った「晴れたらいいね」
「なんか、変わった歌ね」と仲間からは言われながらも、その明るい旋律と人生を肯定するかのような「晴れたらいいね」というサビにいつしかみんな声を合わせて歌うようになる。
厳しい上司である管野婦長すらも実は、この歌に救われていたということがのちのちわかったりと、重要なモチーフになってます。

・・・しかし平成で24歳の紗穂が「晴れたらいいね」をとっさに歌うかなぁ〜。1992年の曲だから、生まれたばかりじゃないの〜〜。43歳のドリカム世代のわたしにはど真ん中の選曲だけども。

と、細かいところは置いておいて。

今年は戦後70年ということで8月にはいろんな番組がテレビでも放送されていて、NHKスペシャルでもまだご存命の元従軍看護婦の方にインタビューした番組をやっていたんですよ。
それをちょうど見ていたので、この作品のこともすごくリアルに感じられました。
しかし、実際はもっともっと過酷だったようで、そこに少し違和感を感じたりもしましたが、紗穂がいたグループが誰一人欠けることなく戦後日本に帰ることができたのは、紗穂が「わたしたちは絶対に生きて日本に帰る」と声に出して主張し続けたから。軍国教育を受けていないヘイセイ国で育った看護師として、命にかわるほど大切なものはないと、ともすれば「お国のため」という言葉に飲み込まれそうになる仲間たちの意識を少しずつ変えていった紗穂。

8月に見たNHKスペシャルのなかで、終戦から10日ほどはまだまだ日本軍は臨戦態勢をとっていて、なかには出撃しようとしたり自決してしまった特攻隊もいた、ということをやっていました。でも冷静に対処した部隊もあり、そういう部隊は学徒出陣で招集された元大学生の士官がまとめていた部隊だったとのこと。生粋の軍人ではなく、大学で教育を受けていた彼らは冷静に状況を見ることができていたのでは、ということでした。
少しでも視野を広げてみること、冷静になること、そして命の重さを何より一番に考えること。
暴走しようとする集団のなかでこれを実行するのは困難なことではあるでしょうが、何より大切なんだなぁと改めて思ったのでした。


「晴れたらいいね」当然ながら収録されてます。↓
DREAMS COME TRUE THE BEST! 私のドリカム

DREAMS COME TRUE THE BEST! 私のドリカム

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Universal Music =music=
  • 発売日: 2015/07/07
  • メディア: CD


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

クリントンストリートベーキングカンパニーのパンケーキ [おいしいもの]

今日は秋晴れの土曜日。からりとして気持ちがいいですね〜。

さっそく本のレビュー・・・ではなく、あまり時間がないのでささっとこちらのご紹介を。

パンケーキブームにのっかってニューヨークからやってきた「クリントンストリートベーキングカンパニー」
確か、ニューヨークの本店と青山にしかお店はないんじゃなかったっけ・・・?

美味しいという噂は聞いていましたが、まぁわざわざ行列してまではねぇと思って行かずじまいになっていたこちらへ先日ランチで伺いました。

先日、大阪から遊びに来た友だちがツアーの特典でもらったから、とくれたクーポン使用です。
クーポンの期限が9月末までだったので、あわててでかけたのでした。

恵比寿で用事を済ませ、てくてく20分ほど歩いて到着。恵比寿ー渋谷ー表参道、という一駅ずつ電車に乗るというルートがもったいなく感じられて歩いてみました。ずっとダラダラ上り坂だけど、問題なく歩ける距離です。
なんと、歩いている途中で美○憲一さんをお見かけしました。でっかいサングラスかけてらっしゃったけど、そのサングラスで「あ!」と気がついたというね・・・(笑)

お店に到着。かわいいお店〜。
IMG_3085.jpg
先客が7〜8人いらっしゃって、30分くらいは待ったかも。「私たちはネアンデルタール人と交配した」を読みながら待ちます。。。ちなみにお店の中の椅子があるウェイティングスペースでは4人くらいしか待てないので、外に並んで待ちます。わたしは到着してすぐに前の方がさささっと案内されたので、すぐ椅子に座って待つことができました。

客席は1階と2階。女子でいっぱいです。
若い女の子が多いんだけど、仕事とかどうなってるのかな? 大学生ってふうでもなかったけど。

パンケーキは3種類。ブルーベリー、バナナとくるみ、チョコレート。あと秋のスペシャルフレーバーみたいなのもありました。ブルーベリーが確か有名だったんだよね・・・と思いつつもくるみが好きなのでバナナとくるみに決定。飲み物は汗かいて歩いてきたので、アイスコーヒーにしました。

じゃ〜ん。
IMG_3084.jpg
メープルバターが別添えになっているので、たっぷりかけていただきます。
もっちりしておいしーーー。生地の感じはとても好きなタイプです。自分で作ろうとするとこのもっちり感はなかなか出せないのよねぇ。。。くるみはキャラメリゼされているように感じました。
そしてメイプルバターも甘くてこってりしていて美味しい。
う〜む、シアワセ。

・・・のはずだったのですが、半分くらい食べたところで、もうお腹いっぱい、胸いっぱいになってきました。
シェアする相手が欲しいわぁと思いつつ、なんとかがんばって完食。

ここ数年、お店でパンケーキ食べると食後は毎回こんな感じで胃がいっぱいいっぱいになってしまうんですよね。トシをとるって、カナシイ。

帰りもやっぱり恵比寿までテクテク歩きました。帰りはずっと下り坂。爽やかなお天気で気持ちのいいお散歩となったのでした。

しかし、この日の悲劇はこの後起きました。

地元まで帰り着き、スーパーで買い物して家に帰っていた途中、いきなりの腹痛。
そして家に着いたら今度は吐き気。
そう、嘔吐下痢の症状が。。。

ウイルス性のものほど激しくはなかったのでやはりパンケーキがもたれて不調につながったのだと思います。
結局、この日は夜まで動けず、翌日も朝から嘔吐して仕事も休む羽目に(涙)

無理は禁物。胃のキャパシティをきちんと考えて飲み食いしないといけませんね、と改めて思いました(汗)
パンケーキは美味しかったのに、なんだかよくない思い出とセットになってしまいました。とほほ。


nice!(2)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

9月の読書メーター [本]

は〜今年もあと3ヶ月を切りましたね。秋は子どもの頃からちょっと苦手なカオリです。
今日は朝から右目ががっつり充血して、痛がゆく、しかもくしゃみも止まらず。明らかにアレルギー症状ですが、何に反応しているかわからないのですよね。秋の花粉症も調べてみないとダメかしらねぇ・・・。

さて9月の読書メーターです。紹介したいのに紹介できてない本が数冊あるので、がんばりまっす。

2015年9月の読書メーター
読んだ本の数:10冊
読んだページ数:3022ページ
ナイス数:83ナイス

今そこにある山の危険   山の危機管理と安心登山のヒント (ヤマケイ新書)今そこにある山の危険 山の危機管理と安心登山のヒント (ヤマケイ新書)感想
ベテランアルピニストの実感のこもったエッセイ。山登り始めたばかりなので、身につまされること、参考になること多数。ゆっくり登ることが大切というのは肝に銘じよう。我が家はズンズン登ってしまうので。
読了日:9月1日 著者:岩崎元郎
友だちリクエストの返事が来ない午後友だちリクエストの返事が来ない午後感想
著者による「友だち」論。基本的に中年男性にとって友だちとは?みたいな話なのだけど、そうだよね、友だちってそういうものだよね、と思うことができれば友だちストレスにさらされている若者たち(大学生のトイレで昼ごはん、とか。)も気がラクになるんじゃなかろうか。
読了日:9月4日 著者:小田嶋隆
武道館武道館感想
武道館を目指すアイドルグループのメンバー、愛子が主人公。なんか、某アイドルグループを見ていて、よくわからないなー、ちょっと気持ち悪いなってずっと思っていたことがちょっとだけクリアになった気がした。そういう気持ちなのか、って。でも人生において何が大切か、なんて自分の年齢にもよるし、置かれた環境にもよるし、愛子や碧の感覚のほうがずっと健全な気がした。 そして、over40の私が思っている「アイドル」と現代の「アイドル」は全くの別物なんだなぁという思いを強くした1冊でした。
読了日:9月6日 著者:朝井リョウ
朝が来る朝が来る感想
うーむ、いろいろ考えされられるけど。。。ひかりって最初はもっと思慮深い子なんじゃないかと感じたのだけど。ちょっとチグハグな感じがしました。朝斗くんには幸せになってほしいのと、やっぱりひかりも新しい朝を迎えられる日が来て欲しいなと。
読了日:9月10日 著者:辻村深月
あの子が欲しいあの子が欲しい感想
就活の採用側からのストーリー。でも人事部所属ではなく、プロジェクトで採用を任された志帆子の視点で進んで行く。なので、完全にマーケティング視点オンリー。でも私生活でも同居させている元部下との関係が煮詰まっていたりと息苦しさ満点。
読了日:9月14日 著者:朝比奈あすか
永い言い訳永い言い訳感想
失って初めてわかることもあるけれど、その喪失感をいつ感じるか、どんな風に感じるかはほんとに人それぞれ。だからといって、やっぱり大切な人を失ってほんとに何にも感じないなんて人はいない。幸夫もどこかが麻痺してしまっていて大切な人を大切な人だと認識できなくなっていたのだなぁ・・・。来年の映画がすごく楽しみ。モッくん、ぴったりだと思います。
読了日:9月16日 著者:西川美和
6度目の大絶滅6度目の大絶滅感想
過去に起きた大絶滅は5回。そして今現在、6度目の大絶滅の真っ只中を人類は生きているということを淡々と取材した本。ただ、現在、というのは地球のながーいながーい歴史でいうところの現在なので、人類が太古の昔からいろんな動植物を絶滅に追い込んで来たということ。そしてそのスピードが産業革命移行、さらに急速に進んでいるということ。
読了日:9月18日 著者:エリザベス・コルバート
幸福な日々があります (集英社文庫)幸福な日々があります (集英社文庫)感想
たぶん、本人にもよくわからないけど、でもどうしてももう嫌だ。そんな感じの離婚理由。でも、いつかもしかしたらわたしもこういう気持ちになってしまうのか・・・?とちらりと感じて不安になりました。
読了日:9月21日 著者:朝倉かすみ
ネアンデルタール人は私たちと交配したネアンデルタール人は私たちと交配した感想
ゲノム研究の細かい部分はよくわからないので読み飛ばしながら読了。研究成果の発表であると同時にペーポ教授の自叙伝でもあります。バイセクシャルで親友の奥さんを略奪愛・・・。なんとも正直な方なんだなぁとある意味感心しながら、この正直さが研究に対する潔癖なまでの態度につながっているのだと感じて面白かったな。
読了日:9月27日 著者:スヴァンテペーボ
生きて帰ってきた男――ある日本兵の戦争と戦後 (岩波新書)生きて帰ってきた男――ある日本兵の戦争と戦後 (岩波新書)感想
シベリアで捕虜になった著者の父からの聞き書きを行い、戦争前、戦争中、戦後の、インテリ層ではない庶民の昭和史となっている。シベリアでの強制労働の様子も、そして帰国してからの並大抵ではない苦労に戦争に負けるとはこういうことなのかと改めて思い知らされた。私の亡き祖父母もほぼ同じ世代で、うちは満州からの引き上げの話だったが、いろいろと話を聞いていてよかったとしみじみ思う。。。
読了日:9月30日 著者:小熊英二

読書メーター
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ: