So-net無料ブログ作成
検索選択
2017年04月15日| 2017年04月20日 |- ブログトップ

「眩」朝井まかて(新潮社) [本]


今年に入ったくらいから、12時過ぎると眠くてたまらず・・・お風呂の中で必ずうたたねしてしまいます(笑)
もうトシですかね〜〜。

 

眩








「眩」とかいて「くらら」
葛飾北斎の娘で、画家である葛飾応為が主人公です。
あまり残っている作品は多くないそうなのですが、この小説の表紙に使われている「吉原格子先之図」が代表作。江戸時代の日本画とは思えない、奥行きや陰影のつけ方が、斬新です。

この小説の中で応為は「色彩」にこだわり続けたという設定になっています。
タイトルの「眩」という感じも時々でてきます。光の洪水に、くらくらするとか。

ヨーロッパでも印象派以前は、画家は注文主の注文に応えて絵を描いていたと言われますが、江戸時代も同じ。
芸術家というよりも職人ではありますが、それでも北斎も応為も絵を描く、何かを表現するという道を追い求めています。以前、小布施の北斎館に行って、北斎の人生やその偉大さを改めて知ったのですが、晩年の北斎の画業は応為と二人三脚だったのですね。

すみだ北斎美術館、行きたいな〜。なんと!晩年の北斎と応為が暮らした部屋が再現されているそうです。まだ混んでるのかしら。気になります。






nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
2017年04月15日| 2017年04月20日 |- ブログトップ