So-net無料ブログ作成

「三度目の殺人」(映画館で) [映画]

最近、夫がずっと出張でつまらないため、週末に幼なじみS嬢を我が家にお招きしました。

そしたら帰りが日曜日の夜の飛行機だったため、なんと台風にて欠航!!

空港でお別れしたのに、家に帰ってる途中で連絡を受けまた羽田まで引き返すなんてハプニングがありました。


お天気がそんなだったので、特段どこにも行けず関係者からいただいていた前売り券を使って映画を観てきました。もう上映も終わりそうだったし(汗)





あらすじ
勝つことを第一目標に掲げる弁護士の重盛(福山雅治)は、殺人の前科がある三隅(役所広司)の弁護を渋々引き受ける。クビになった工場の社長を手にかけ、さらに死体に火を付けた容疑で起訴され犯行も自供しており、ほぼ死刑が確定しているような裁判だった。しかし、三隅と顔を合わせるうちに重盛の考えは変化していく。三隅の犯行動機への疑念を一つ一つひもとく重盛だったが……(シネマトゥデイより)

何が真実で何が真実ではないのか。

誰が本当のことを話していて、誰が嘘をついているのか。


裁判とは、真実を明らかにする場ではない、という真実を描いた作品なんだなぁ〜。

途中、重盛の推測や想像のような白昼夢的なイメージカットが入るので、よりわからなくなってきます。

法廷サスペンスのようでありながら、犯人はじつはこの人でした!!とか、こんな意外な動機が!!といった謎解きはまったくなく、最後まで三隅の動機は謎のまま。しかも本当に三隅が犯人なのかもわかならいという・・・。

芥川龍之介の「藪の中」の昔から、真実はどこにある?をテーマにした作品ってたくさんあることからも、人間が作り上げた一件公平にみえる裁判というシステムは人の心にモヤモヤを引き起こすものなのかもしれません。


広瀬すずちゃんのなんだか得体の知れない女子高生も、斉藤由貴の未亡人も(私生活でのニュースがあったがゆえに余計に)怪しさただようよね。


見えない真実にからめとられていくような、弁護士の重盛を演じた福山雅治とまたまた底なし沼のような得体の知れない、そして時々すごく善人にも見える三隅役の役所広司の長崎コンビのピリピリとした緊張感あふれる演技が見ごたえありました。


なんだか観終わってももやもやしてしまう作品なのですが、そのもやもやを楽しめるかどうか、ですね。

「三度目の殺人」っていったいどういうことだろう・・・わたしは残念ながらわたしなりの答えは見つけられず。


きになるなー。

藪の中 (講談社文庫)

藪の中 (講談社文庫)

  • 作者: 芥川 龍之介
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2009/08/12
  • メディア: 文庫


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

秋の尾瀬 [山登り]

久しぶりのお出かけネタです。

時々でかけてはいるものの、夫多忙のため以前ほどではないし、なにしろアップする余裕がない・・・。

ということで、写真多めでさくさくいきたいと思いまーす。


夫との今年の山登りはなんと2回目! しかも1回目は夏にふらりと高尾山に行って、ケーブルカーで登ったなんちゃって登山・・・。


日経新聞の土曜版で草紅葉特集をやっているのを見て、その後、NHKの朝のニュースでも尾瀬からの中継をやっていて、どうしても行ってみたくなったのです。


ちなみに尾瀬は初めて。

結構な距離なので前日に沼田まで行って、前泊です。

ロードサイドで時々見かける旅籠屋さん。普通のビジネスホテルとも違う佇まいで、なんだかきになる存在でした。たまたま沼田で空室があり、予約して見ました。1泊2人で1万円弱。無料の朝食(パンと飲み物くらい?)がついているようです。

アメリカのモーテルをモデルにした宿泊施設、ということで、部屋は広いけど設備は最低限(歯ブラシなし→フロントでお願いすればもらえます。寝間着もないので、1枚100円で借りました)。2回建てのアパートみたいなところでした。23時が最終のチェックイン時間・・・ということで、19時すぎに慌てて会社を飛び出して家に帰り、20時過ぎに自宅を出発して、22時半くらいにはチェックイン。食事は車の中で運転を交代しながらお弁当食べました(苦笑)


そして沼田の寒かったこと!! 明日の防寒大丈夫か・・・?と相当不安になりながら眠りにつきました。


翌朝は快晴!! そして寒い!!!

朝の6時に出発です。5時ごろ出発する車もいるようでしたが・・・。

ちなみに旅籠屋さん、料金前払いなので、フロントが開く朝7時より前に出発する場合には決められた場所に鍵を入れて勝手に出発すればいいという仕組み。


IMG_4742.jpg


途中のコンビニは山登りの人ばかり・・・。週末の朝の時間が一番売上あるんじゃなかろうか。


1時間ほど山道を走り、戸倉駐車場へ。マイカー規制中なので、ここからバスもしくは乗合タクシーに乗り換えます。ちなみにどちらも料金は同じ。バスは30分に1本くらいですが、乗合タクシーはひっきりなしにやってきます。

ここから15分くらい(たぶん)で鳩待峠に到着です。



IMG_4743.jpg


ここかが尾瀬の入り口です。確か標高1600mくらい。ボランティアのおじさんたちがいて、地図をくれたりします。「どこまで行く予定?」と聞かれたので、「ヨッピ吊り橋あたりまで行こうと思います」と答えると、「じゃあ、かなり急がないと。最終のバスは17時だよ」と忠告されました。「下に降りたところの研究見本園に行けば尾瀬の植物は全部あるから、あの辺りを一周するのがおすすめだよ」とアドバイス。


事前に調べたところでは、ヨッピ吊橋あたりまであるいてコースタイム5時間だったはず・・・。ちなみにこの時朝の8時です。なぜに17時の終バスを心配されないといけないのか・・・?


頭の中は疑問符でいっぱいでしたが「無理しないようにしますね〜」と適当に答えて、おじさんとはお別れ。


さて、普通の山登りだと、最初は当然ながら山を登るわけですが、尾瀬は違いました。山に囲まれたすり鉢状の地形が長い年月をかけて湿原となったそうで・・・なんと200mも降るのです!

ということは帰りは200m登るのか・・・。なかなか辛いですね。


ともかく、森の中を降るきもちのよいハイキングです。コースタイム1時間ですが、40分ほどで到着〜。



続きを読む


nice!(4)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

9月の読書メーター [本]

あらー、もう8日ですね。

寒かったり暑かったり、体調崩しやすい季節ですからみなさまお気をつけて!


先月は前半は順調だったけど後半失速・・・


9月の読書メーター
読んだ本の数:5
読んだページ数:1884
ナイス数:36

駒姫: 三条河原異聞駒姫: 三条河原異聞感想
「真田丸」でひとり生き残った姫が東南アジアに渡って・・・的な展開があったので、もしかして駒姫とおこちゃも・・・なんて思いながら読んでいたのですが、やはり歴史通り。駒姫、というよりも駒姫というひとりの聡明な姫君の命を救うため、最上家全員が苦しみ、それでも全力を尽くした物語。文体に馴染めず途中で読むのをやめようとしていたのですが、最後まで読んでよかった・・・。
読了日:09月03日 著者:武内 涼
なんでわざわざ中年体育なんでわざわざ中年体育感想
イヤダイヤダと言いながらも10年毎週走り続け、フルマラソンを何回も走っている角田さんは本当に運動が嫌いなのだろうか・・・?としみじみ考える・・・。習慣化できる人ってすごいなと、結局そこに感想は落ち着いてしまうのだけど。
読了日:09月04日 著者:角田 光代
荒神 (新潮文庫)荒神 (新潮文庫)感想
長編で、読み応えあったけど、どうも最後がしりすぼみ・・・SF的、神話的な解決よりも、怪物を生み出した人の心の闇から解決してほしかったわ・・・。
読了日:09月09日 著者:宮部 みゆき
情熱大陸への執拗な情熱情熱大陸への執拗な情熱感想
ずっとずっと恋い焦がれていた「情熱大陸」への出演(上陸)はあっさりと同級生に先を越され、それでもはたから見ると滑稽なほどに情熱大陸へ情熱を燃やし続ける筆者。身近にいたら、すごくネタにできそうな人だわ。知り合いにさーーーみたいな茶飲み話のネタにしちゃいそう(笑)
読了日:09月12日 著者:宮川 サトシ
蘇我の娘の古事記蘇我の娘の古事記感想
権力者の争いに翻弄される平社員の家族・・・と思うと現代社会にも通ずるところがあるかも。複雑な生い立ちと背負っているものの重さにもかかわらず、明るく清らかなコダマの姿が印象的。この時代といえば「天平の虹」で、大海人皇子および鵜野の視点からの歴史がわたしのベースになっているので、敗者の側からは新鮮でした。勝ったものに都合のいいように歴史は作られるのです。。。
読了日:09月24日 著者:周防柳

読書メーター

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。