So-net無料ブログ作成

「騙し絵の牙」塩田武士(KADOKAWA) [本]

東京はお天気のいい三連休でしたね。こんな週末久しぶり・・・だったけど、相変わらずの夫の多忙にて、おでかけなしです。で、読書、読書。


騙し絵の牙

騙し絵の牙

  • 作者: 塩田 武士
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2017/08/31
  • メディア: 単行本
少し前に、代官山の蔦屋に行った時に見かけたこの作品。
表紙のみならず、各章の扉にも大泉洋の写真が・・・。
これ、大泉洋を主人公にあてがきした作品だそうで、企画モノの小説でした。
主人公の速水は癖っ毛だって書いてあるし(笑)
でも、読み終えたわたしのなかでは大泉洋じゃないんだよなぁ〜。誰かなぁ〜誰かな〜。
大手出版社でカルチャー誌の編集長として働く速水は、編集者としても優秀で、中間管理職としても人望があり、作家からは信頼され、と絵に描いたような組織の中でできる男。
しかし、出版不況と社内の権力抗争に巻き込まれ、窮地に追い込まれていく。
なんてあらすじを書くと、窮地に追い込まれた速水が起死回生を狙って・・・みたいな展開なのかとか、宣伝文句の「大泉洋に騙される」というキャッチコピーに騙されて、大どんでん返しが待っていて、なんて展開なのかなどと思ってしまうのですが、そういうミステリー要素はなし。
どっちかというと、出版社を舞台にしたお仕事小説というか、中間管理職の悲哀小説という趣です。
プロローグとエピローグが意味深で、なんか事件が起きそう!!な感じですが。
版元がKADOKAWAさんだし、さんざんあおってますから(主人公の速水もメディアミックスに早い時点から取り組んでいた人物として描かれてますし)おそらく映像化されるんでしょうね、大泉洋主演で。
ともかく、結構面白く読みました。久々に小説読んだ〜ってかんじ。

nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:

10月の読書メーター [本]

今年も残り2ヶ月。おそろしー。

この1年、ほんとに怒涛の1年でした。毎日忙しいけど、虚しい・・・そんな日々ですわ。



10月の読書メーター
読んだ本の数:4
読んだページ数:921
ナイス数:37

何様何様感想
「何者」の続編の長編なのかと思っていたら短編集でした。タイトルだけで借りたからしかたないか(笑) 若者主人公の小説はもう、ちょっとツライかも・・・いや、もちろん面白いんだけどね。
読了日:10月15日 著者:朝井 リョウ
「箇条書き手帳」でうまくいく はじめてのバレットジャーナル「箇条書き手帳」でうまくいく はじめてのバレットジャーナル感想
偶然知ったバレットジャーナルのやりかたを知りたくて購入。ブログで読むより、本の方がわかりやすいかな、と思って。1冊に箇条書きでまとめるというのはなるほどね、だけどやっぱりイチからレイアウトを作らないといけないのがハードル高いな・・・。凝らなくていい、と書いてはあるけど。とりあえず、箇条書きメモの取り方、使い方として参考にしてみよう!
読了日:10月20日 著者:Marie
辺境の旅はゾウにかぎる辺境の旅はゾウにかぎる感想
雑誌掲載のエッセイをまとめたものだそう。中身を確認せずに図書館で借りたので、いつもと勝手が違って?びっくりしましたが、安定の面白さでした。「ムー」って小学校高学年の頃、みんな読んでいたけどな〜なんて懐かしく思い出しながら・・・
読了日:10月28日 著者:高野 秀行
美しいものを見に行くツアーひとり参加美しいものを見に行くツアーひとり参加感想
ツアーにひとりで参加して、行きたいところへ行って、観たい景色を見る。ミリさんといえばなんかひとり旅ってイメージなんだけど、集団のなかで、いかに楽しくおひとりさまを楽しむかというある種特殊な立ち位置を楽しんでいる様子が伝わって来るわぁ。旅に出たい・・・と改めて思いました。
読了日:10月29日 著者:益田 ミリ

読書メーター

nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ: