So-net無料ブログ作成
検索選択

食洗機がやってきた! [物欲リスト]

あれ、2週間ぶりくらいに新規作成画面にログインしたら、なんだかメニューが変わってます。


びっくりー。ソネブロはもう永遠に機能が増えたりすることないって思っていたので、ほんとに。


googleからの写真アップがgooglePhotoじゃなくてgoogle+なのが残念だけど(笑)


 


さて、久々に電化製品を大奮発したお話です。


2月からフルタイムになり、労働時間がじわじわと増え、家事が滞っているのがイライラの種に。


3月の終わり頃、急に「そうだ、食洗機があれば少しは楽になるのでは??」と思いつきました。


平日はあんまり自炊もできなくなっていましたが、それでも朝ごはんの食器や夜にお茶を飲んだらでる急須や湯のみ、マグカップ・・・など、なんだかんだ言っても、それなりに洗い物は発生するものなのですよね。


 


で、食洗機。わたしのなかでは食洗機=ワーキングマザーが使うもの、という強固な思い込みがあり、今のマンション買うときにももちろんビルドインの食洗機は選択しませんでした。結構なオプション料金が発生した記憶もあるし。


 


欲しくなったら我慢できず、夫に相談したところ「買えば。買うならさっさと買った方がいいよ」とけしかけてきて、いろいろお店も調べてくれました。


 


ビルトイン食洗機を後付けで入れることってそれほどないんじゃないかなーと思ったので(わたしもいろいろ検索しましたが2〜3のブログしか見つけられなかった)、もし誰かのお役に立てば、と思って記録を残そうと思います。


 


長くなりそうなので、たたみます。

続きを読む


「眩」朝井まかて(新潮社) [本]


今年に入ったくらいから、12時過ぎると眠くてたまらず・・・お風呂の中で必ずうたたねしてしまいます(笑)
もうトシですかね〜〜。

 

眩








「眩」とかいて「くらら」
葛飾北斎の娘で、画家である葛飾応為が主人公です。
あまり残っている作品は多くないそうなのですが、この小説の表紙に使われている「吉原格子先之図」が代表作。江戸時代の日本画とは思えない、奥行きや陰影のつけ方が、斬新です。

この小説の中で応為は「色彩」にこだわり続けたという設定になっています。
タイトルの「眩」という感じも時々でてきます。光の洪水に、くらくらするとか。

ヨーロッパでも印象派以前は、画家は注文主の注文に応えて絵を描いていたと言われますが、江戸時代も同じ。
芸術家というよりも職人ではありますが、それでも北斎も応為も絵を描く、何かを表現するという道を追い求めています。以前、小布施の北斎館に行って、北斎の人生やその偉大さを改めて知ったのですが、晩年の北斎の画業は応為と二人三脚だったのですね。

すみだ北斎美術館、行きたいな〜。なんと!晩年の北斎と応為が暮らした部屋が再現されているそうです。まだ混んでるのかしら。気になります。






「犯罪小説集」吉田修一(角川書店) [本]

さすがに東京の桜も終わりですね。3月の下旬に開花してから長かった。こんなに桜が開花してから散るまでの期間が長い春って初めてかもしれませんね。

犯罪小説集

犯罪小説集


犯罪がテーマの短編集です。5つ収録されています。
実際の犯罪をモチーフにしたものもあり、このあたりは吉田修一のひとつのお家芸でさすがです。
「百家楽餓鬼(ばからがき)」は数年前の大王製紙御曹司がカジノで使った多額の資金を子会社のお金で賄っていた事件がモチーフで、まったくそのままというわけではないですが(そもそも、そこまで事件について細かいディテールは知らないし)現実世界と、物語世界がどことなくシンクロしていく不思議な感覚を味わえます。

犯罪を犯した側からの視点で書かれているのは上記の「百家楽餓鬼」のみで、残りの4編は、本人以外の視点で描かれていて、ささいなボタンのかけ違いで道を踏み外していく様や、集団のなかからはみ出す者に対する不寛容さがある瞬間爆発して、ふつうの人たちが一団となって誰かを追い詰め、追い詰められた者が牙をむき、犯罪を犯してしまうという不条理さが恐ろしいです。

不条理なまでにはみ出し者を追い詰めたマジョリティーの側は犯罪ではないのか、と考えさせられます。

熔ける 大王製紙前会長 井川意高の懺悔録 (幻冬舎文庫)

熔ける 大王製紙前会長 井川意高の懺悔録 (幻冬舎文庫)

  • 作者: 井川 意高
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2017/02/01
  • メディア: 文庫


「みかづき」森絵都(集英社) [本]

今日はまた肌寒かったですね〜。春なんんだか冬なんだか・・・。でもさすがに東京の桜もそろそろ終わりですね。

みかづき

みかづき


そして今日発表された本屋大賞。第2位でしたね〜。ちょうど先月末読んでいたのでご紹介。
昭和30年代。小学校の用務員だった吾郎は学校の授業から落ちこぼれている生徒たちを用務員室に集めて補習のようなことをやっていました。そこに現れた千明。公教育に憤っている千明は当時世に生まれつつあった学習塾を開きたい、ついてはあなたを講師として迎えたい、と吾郎を半ば強引に塾経営に引きこみます。

数年後、二人は結婚。千明の娘蕗子と、吾郎と千秋の間に生まれた蘭と奈々美。この家族と、塾を中心に戦後の教育にまつわる長い物語が語られます。

補習塾か、進学塾か。拡大か現状維持か。塾が鬼っ子扱いされていた時代から、受験戦争という言葉が生まれて塾が身近な存在になり、そして現在の子どもの貧困による学力格差の問題。

そして夫婦だから、血の繋がった親子だから、自然と分かり合えるわけではないというやるせなさも満載。

教育を切り口にした家族の物語って珍しいよね、と思いながら読みました。
吾郎の子どもたちに向ける優しい視線がしみじみとします。逆に、自分の信念にのっとって常にフルスロットル、ブルドーザーのように道を切り開いていく千明の言い分もわからなくはないし・・・。こういう人が母親だったら、娘たちは人生しんどいよね・・・。

森さんの新しい代表作です。
おすすめ。




気がつけば4月 [身辺雑記]

3月はあっという間に過ぎ去り、あっという間に4月になってしまいました。
ほんとは3月なので息子のことを書きたかったのですが、どうにも気持ちの余裕も時間の余裕もなく、怒涛のように過ぎ去った1ヶ月でした。

1月後半に急に新しい仕事の話が浮上し、どっちにしても1年半続けていた週3日の仕事も3月末で終了の予定だったし、年末にプライベートでもう立ち直れないかもというようなできごとがあって糸の切れた凧状態だったこともあり、いっちょ気分を切り替えるためにもやってみるかと衝動的に決心し、2月〜3月はかけもち、4月からは10年ぶりの会社員生活を送ることになりました。

表向きはテンション高く楽しげにやっていますが、かけもちで慣れないフルタイム勤務状態となり家事をやる時間が激減し家の中はぐちゃぐちゃ、食生活はボロボロ、そしてメンタルはやれれているままなので、時々なんだか自分の魂が幽体離脱しているような気分になったりしています。とほほ。

4月からは新しい会社で腰を落ち着けて仕事するので、少しは生活も立て直せるかな、なんて思ってますがどうかしら。

まずは、こうしてまたブログを更新する習慣を取り戻したいなと思っています。




「皿洗いするの、どっち?」山内マリコ(マガジンハウス) [本]

今日はお天気もいいし、長瀞の宝登山に梅見を兼ねてハイキング・・・のつもりだったのに、夫起きられず、わたしはひたすら録画したテレビを見ております。あ、朝からジョギングはしました〜。ほぼ1年ぶり(笑)

皿洗いするの、どっち? 目指せ、家庭内男女平等!

皿洗いするの、どっち? 目指せ、家庭内男女平等!








昨夜、代官山の蔦屋書店にぶらりと行って目についたので読んでみました。
明日が発売日で、Amazonではまだ予約受付中ですね。蔦屋には山積みされてたけど。

今やすっかり人気作家のおひとりの山内マリコさんが、同棲相手(のちに結婚)との生活のなかで、家事および生活上発生する雑事をどう分担していくかの戦いの記録です。
面白いのは章ごとに夫さんからの反論コーナーがあるところ。
お互い言い分あるよね〜。

どれもあるあるな話で、「そうようね」って思うんですが、山内さんはまだ30代前半。わたしたち世代より、より男女平等についての意識もあるだろうし、意気軒昂な感じになっちゃうのかな。
男と暮らすと家事は2倍じゃなくて3倍になるっていうのは確かに共感するわー。
実は今週は4日間夫が出張でいなかったので、それ激しく同意です(笑)



「LA LA LAND」(試写会で) [映画]

毎日あっという間に過ぎています。ほんの2週間前の暮らしが遠く感じる・・・。

と愚痴りたくなる日々ですが、先日、抽選で当たった試写会に行ってきました!
今年のアカデミー賞最有力との噂たかい、「LA LA LAND」です。

ブロードウェイの舞台版を映画にしたのではなく、完全なオリジナルということで、映画ならではの演出がたっぷり。ロスの青い空と高速道路。いろとりどりの車。そしてそこで一糸乱れぬダンスと色彩が溢れるオープニングシーンは圧巻でした。

ちなみにタイトルのLA LA LANDとは映画のリーフレットによると、「ロサンゼルス、主にハリウッド地域の愛称」「陶酔し、ハイになる状態を表す」「夢の国」だそう。


ストーリーは、売れない女優と売れないジャズピアニストが恋に落ち、そしてすれ違い、そして・・・というシンプルなもの。びっくりするくらいメインのストーリーにからんでくる人物もおらず、ほぼ2人芝居です。
音楽が素晴らしいのはもちろんだけど、わたしは見方を変えると目に入ってくる情報が多すぎるんじゃないかといってもいいくらい色鮮やかなフィルムの具合がとっても斬新に感じました。
ほんとに夢の国ハリウッドで夢を追う若い二人の輝かしい日々、というかんじ。

そして、一緒に観た友人とも話したのですが、相手がきっとこうして欲しいと思っているに違いない、という推測だけでふたりにとっての大事な決断をどちらかが独断で行うと必ずほころびがでるよね、ってこと。
いやぁ、深い。実に考えさせられるエンディングでした。

音楽も素敵だったし、映像も素晴らしいし、お話も切ないし・・・これはぜひぜひもう一度映画館で観たい!!
そしてサントラ欲しいです。

公開は2月24日(土)です。ミュージカルお嫌いでなければぜひ!!

Ost: La La Land

Ost: La La Land




「スティグマータ」近藤史恵(新潮社) [本]

今日から新しい職場での仕事が始まり、ちょっとお疲れ気味・・・。
とはいえ、身内の会社なので気楽っちゃ気楽ですけどね。
しばらくは今までの職場とのダブルワーク?なので気分を切り替えないといけないのがちょっと疲れますね。


スティグマータ

スティグマータ



「サクリファイス」シリーズの最新刊。ずいぶん間が空いてしまったので、これまでのエピソード忘れちゃった(笑)

ヨーロッパのプロチームでロードレースに出場する白石誓、通称チカももうヨーロッパでのプロレーサーとして5年あまりを過ごしている。そんなチカがまたもやツールドフランスのレース中にやっかいなトラブルに巻き込まれ・・・というお約束のストーリー。

でも、この「スティグマータ」では最後の方、チカのレースでの感動のシーンがあり、ほろりとしてしまいました。よくがんばったね、チカ〜〜〜。

夫に付き合って毎年ツールドフランスのダイジェストをBSで観ているので、だいたいのルールはわかってきましたが、今回、この小説を読んで、さらになるほど〜と思ったこともあり、今年のツールが楽しみになってきました。
この自転車レースのアシストという役割、日本人の気質にぴったりな気がするわー。
ガツガツと優勝を狙うよりも、エースのためにひたすら走るという姿が物語になるものね。

まだまだ続きそうなこのシリーズ。チカにはもうひと頑張りしてほしいものです。


サクリファイス (新潮文庫)

サクリファイス (新潮文庫)

  • 作者: 近藤 史恵
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2010/01/28
  • メディア: 文庫
    エデン (新潮文庫)

    エデン (新潮文庫)

    • 作者: 近藤 史恵
    • 出版社/メーカー: 新潮社
    • 発売日: 2012/12/24
    • メディア: 文庫




グラッシェル@表参道でパフェ [おいしいもの]

この前、職場のお友達と仕事帰りにお茶してみました。
なんか女子っぽい(笑)こんなの久しぶりだ〜。

伺ったお店はグラッシェル
あの北海道スウィーツ「ルタオ」がやっているアイスクリームとアイスケーキのお店です。
表参道ヒルズの向かいの側の路地を入ったところにあります。
1Fはテイクアウト、2Fがカフェになってます。
ディスプレイされているアイスケーキがとにかくかわいい!!

カフェは平日の閉店間際ということでお客さんも少なく落ち着きます。
パフェとアイスケーキを食べることができます。
さんざん悩んだあげく、結局パフェに決定!

IMG_4338.jpg
和栗のパフェです。
マロンクリームが濃厚でとっても美味しかった!
・・・が、グラスの中はマロンのみならず、カスタードなどのクリームがこれでもか、というくらいもりもり入ってまして、食べているうちに、ちょっとグロッキー気味に。
おいしい、でも胃がもう・・・ってかんじ。
グラスのなかにもアイスクリームがもう1クープ入っていたら胃の負担なく、さっぱり食べられたかな〜なんて思いました。

とにかくアイスケーキが文句なしに可愛いので、そのうち買ってみたいなぁと思います。



関連ランキングケーキ | 表参道駅明治神宮前駅原宿駅



1月の読書メーター [本]

2月に入りました!
来週から新しい仕事が始まるのでまた忙しくなりそう。今日とあさっての貴重なお休みはだらだらと過ごしています(笑)
いや、ほんとは確定申告の準備しないといけないんですけどね・・・。

さて1月の読書メーター。1月はお正月休みもあり、仕事も少なく、かつ夫が休日も仕事ばかりだったので、結構読書が進みました〜。
9冊も読んだのは久しぶりかも。

2017年1月の読書メーター
読んだ本の数:9冊
読んだページ数:2605ページ
ナイス数:50ナイス

聖の青春 (角川文庫)聖の青春 (角川文庫)感想
この作品が世に出た頃から読んでみたいと思いつつ、読めずにいたのだけど、ようやく年末年始に読みました。命をかけて将棋に取り組んだ村山聖というひとりの人間の生き様に、涙涙。彼を支えていた家族やまわりのひとたちは大変だっただろうなと思うのだけど、家族や師匠、友人たち、みんなに愛されていたのだろうなぁ・・・。
読了日:1月2日 著者:大崎善生
([お]3-1)優しい子よ (ポプラ文庫)([お]3-1)優しい子よ (ポプラ文庫)感想
小児癌とたたかう少年の優しさ、強さに強い影響を受けていく夫婦の物語。いちおう、私小説なのでしょうが、限りなくノンフィクションのような読後感。繰り返し読みたい1冊となりました。
読了日:1月5日 著者:大崎善生
紫式部の欲望 (集英社文庫)紫式部の欲望 (集英社文庫)感想
源氏物語を作者紫式部の欲望、という視点から読み解いたエッセイ。確かに千年前に紫式部という生真面目で不器用なひとりの女性がいたんだよなぁと妙に納得させられました。酒井さん、さすが原文で読み通しだだけあるなぁという深い読みにこれまた納得。
読了日:1月5日 著者:酒井順子
女のいない男たち (文春文庫 む 5-14)女のいない男たち (文春文庫 む 5-14)感想
久しぶりの村上春樹。実は短編が著者の真骨頂なのではないかと、短編集を読むたびに思います。しかし2月には長編新作が発売。やっぱり読んじゃうんだろうな〜、自分。
読了日:1月7日 著者:村上春樹
芸能人寛容論: テレビの中のわだかまり芸能人寛容論: テレビの中のわだかまり感想
1/3くらいはcakesで読んでいたけど、それでも結構ぷぷっと笑いながら読んでしまった。
読了日:1月9日 著者:武田砂鉄
ダーリンは70歳・高須帝国の逆襲 (コミックス単行本)ダーリンは70歳・高須帝国の逆襲 (コミックス単行本)感想
発売直後に販売中止となってしまった話題作。kindleで販売再開していたので、読んでみました。逆襲・・・というか、高須院長からサイバラへの公開ラブレターですよね、これ。ダーリンは71歳も楽しみです。
読了日:1月10日 著者:西原理恵子,高須克弥
記憶の渚にて記憶の渚にて感想
相変わらずの白石節全開。さすがにそれは強引すぎ??なんて思う展開もあるわけですが、そこをぐいぐいと押し切って、人間のあり方や、人と人のつながり、人知を超えた見えない力、などなどがからみあう複雑な物語。
読了日:1月13日 著者:白石一文
サイコパス (文春新書)サイコパス (文春新書)感想
なるほどね〜。スーパーポジティブで時に理解不能な唯我独尊な行動をとるような人もサイコパスなのか。ほんとに脳科学の発達はすごいなぁと思うわ。
読了日:1月15日 著者:中野信子
最後の秘境 東京藝大:天才たちのカオスな日常最後の秘境 東京藝大:天才たちのカオスな日常感想
日本のトップレベルのアーティストが集まる場所。確かにカオスだろうけども、彼らの熱い思いが伝わってきました。
読了日:1月28日 著者:二宮敦人

読書メーター