So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

「モダン」原田マハ(文春文庫) [本]

いや〜毎日暑いですね。これ以外の挨拶をしてみたい今日この頃です。


モダン (文春文庫 は 40-3)

モダン (文春文庫 は 40-3)

  • 作者: 原田 マハ
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2018/04/10
  • メディア: 文庫
なんとなく、本屋さんで本を買いたくて購入。図書館で借りるか、ネットで購入するかなので、久しぶりに本屋をぶらぶらして目についた本を買うという行為をしたような気がします。
マハさんの美術系の作品。
The ModernことMoMA(ニューヨーク近代美術館)を舞台にした短編集。
画家は出てきません。MoMAで働く人だったり、MoMAの初代館長アルフレッド・バーに強く影響を受けた人だったりが主人公。必ず彼らの人生にはMoMAが欠かせない存在としてある、そんな彼らの人生の一幕を切り取った1冊です。
以前NYに行った時は時間がなくて行けなかったんですよね、MoMA。メトロポリタン美術館を半日まわるのがせいぜい・・・。今だったらメトロポリタンかMoMAか、だったらMoMAを選んじゃうなぁ。。。
このマハさんの作品を読んだら、またNYに行きたくなりました。弾丸で夏休みにいっちゃおうかなと一瞬思ったほど(笑)
まだ夏休みの計画も立てられていない我が家です・・・。
暗幕のゲルニカ (新潮文庫)

暗幕のゲルニカ (新潮文庫)

  • 作者: 原田 マハ
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2018/06/28
  • メディア: 文庫

nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:

6月の読書メーター [本]

今頃ですが、6月の振り返り〜。

もうちょっと読めたような気がしたんですが、結局3冊かーーー。

せめて5冊くらいは読みたいなぁ〜〜〜。



6月の読書メーター
読んだ本の数:3
読んだページ数:969
ナイス数:34

闇の叫び アナザーフェイス9 (文春文庫)闇の叫び アナザーフェイス9 (文春文庫)感想
とうとうシリーズ完結。大友のリハビリもついに完了か・・・。重い、重い事件の容疑者に自分たち親子を重ねてしまう大友。そういう大友普通っぽさがこのシリーズの魅力だったのかもな〜
読了日:06月06日 著者:堂場 瞬一
探検家、40歳の事情 (Sports graphic Number books)探検家、40歳の事情 (Sports graphic Number books)感想
探検家の日常についてのエッセイ。ただ長めのエッセイで描かれた極北の村での人間と犬との関係のシビアさに、太古から続くヒトと犬の関わり方(けっして”家族”なんていう関係ではない)を垣間見て、考えさせられたのでした。
読了日:06月24日 著者:角幡 唯介
海を抱いて月に眠る海を抱いて月に眠る感想
亡き父が家族に隠していた、過去。著者の父の経験をもとに作品にしたとのこと。密入国、差別を受け、偽名を使いながら生きざるを得なかったひとりの人間と、それを知らずに見送らなければいけなかった残された家族。ノンフィクション色の強い、けれど小説でなければ伝えられない強さのある作品だと感じました。
読了日:06月30日 著者:深沢 潮

読書メーター

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ: